カテゴリ
柴犬(5)
最近の記事

柴犬ネネちゃん

柴犬ネネちゃん

私も柴犬が大好きで飼いたいのですが今はマンションに住んでいるので飼えません。

でも、私は柴犬が飼いたいので主人に家を建てたいとお願いしています。

今は犬を飼えないけどよくペットショップに行きます。

そこに柴犬がいるとヤバイです。

柴犬を見ているだけで私は癒されます。

何がいいんだろう・・・

あの柴犬の可愛い目かなぁ。

やっぱり落ち着いた雰囲気かなぁ。

主人も私が柴犬を好きでたまらないことを知っているので、二人でお金を貯めています。

裏の家の人が柴犬を飼い始めました。

名前は「ネネちゃん」です。裏に小屋があるので、よくその柴犬ネネちゃんに話かけます。

話かけるとつながられてるのに柴犬ネネちゃんはこっちにこようとします。

まだ1歳ということなので寂しいのかもしれませんね。

私のマンションに連れ込みたくなるくらい柴犬ネネちゃんは可愛いです。

それと、柴犬ネネちゃんが来てから、柴犬ネネちゃんの飼い主さんと仲良くなり一緒のお茶をする仲になりました。

柴犬ネネちゃんによって友達が増え嬉しく思います。ネネちゃんありがとう〜!!
タグ: 柴犬 ミニ柴
| 柴犬

私と柴犬

私と柴犬

私は柴犬が大好きです。

犬の中でも柴犬が一番可愛いと思います。

私は幼稚園の頃から柴犬を飼っていました。

私が飼っていた柴犬ですが、なぜか鼻の上(目と目の間)は毛が白くなってひし形のマークのようなものがついていました。

すごく賢い柴犬で、「おすわり・おて・おかわり・ふせ」もきちんとしていました。

この柴犬は得に父の言うことはよく聞いていました。

柴犬は私が元気なときは跳びついてくるし、私が元気がないときは近くにいて私に「どうしたの?」っていう顔でこちらを見てきます。

私は柴犬の前で涙を流してしまったときがありました。

そんなとき、柴犬は私の涙を「泣かないで」っていってるかのように舐めてきました。

この柴犬は3回出産を経験しました。

私が赤ちゃんを触りにいくと「う〜〜」って怒ってましたが父が触りに行くと全く怒りません。

柴犬は子どもだった私に赤ちゃんをもたれるのは不安だったのでしょう。

柴犬は、私が中学2年生のころに病気で死んでしましました。

でも、柴犬との写真や思い出は沢山残っています。

また、飼うときは柴犬を飼いたいと思っています。
| 柴犬

柴犬へのこだわり

柴犬にこだわります

現在はイロイロな種類の犬がいますが私は柴犬が大好きです。

柴犬の特徴について語ろうと思います。

柴犬は、浅い額段、広く平らな額、太く締まった口吻、大きく鋭い歯牙、鋭く輝いた深い三角のをしています。

また柴犬は、耳は内耳線が直で外耳線は軽く曲線になり強く前傾しています。

そして、柴犬は均整のとれた体躯構成は筋肉質で軽快に俊敏な動作を示し、二重被毛と明るい裏白の毛質、力強い尾など、全体の雰囲気には野性的な鋭い警戒性や感覚、犬独自の飼い主との深い信頼関係などがあります。

柴犬は、狩猟文化が数千年も続いた縄文時代に、番犬として、或いは人と共に働いた狩猟犬として集団で行動していたので、人と深く関わり共存していたことから、柴犬は、わが国独自の日本犬柴犬の性質が形成されたと考えられています。

柴犬の歴史は、今からおよそ 1万年以上も前に遡ることが出来ます。

国内各地の縄文時代の遺跡から柴犬と思われる犬骨が発掘されており、その事を明らかにしています。

たくさん居る犬のなかでも縄文時代の姿・形を残しているのは、この柴犬だけとなりました。

柴犬は貴重な犬なのです。
| 柴犬

天然記念物柴犬保存会

天然記念物柴犬保存会   
1959年8月9日に天然記念物柴犬保存会が設立しました。

天然記念物柴犬保存会は、現在「柴犬」と呼ばれている太古の昔から日本の国土にいた犬を理想として純化し、柴犬を保存する目的のもとに創設されました。

天然記念物柴犬保存会の理念に深い理解を持たれた、人類学者の故・長谷部言人博士に名誉会長の席について頂き、故・中城龍雄が柴犬保存会の理事長となり、理想の実現を目指すために日本古来の柴犬に近い資質を持った柴犬を選び出し、それをもとに、多くの協力者と共にたゆまぬ作出努力を数十年間重ねてきたようです。

その結果、現在は日本犬小型種柴犬の中でも、柴犬保存会の犬たちの頭骨は、額段がないか、あってもごく浅く、かつ大きな歯を持つという、縄文時代の遺跡から見つかった当時の犬たちの頭骨とよく似た特徴を持つようになったといいます。

柴犬保存会は、柴犬は毛質をはじめ、その感性、知能、運動性等の面でも、日本の自然界に適合した資質を持つ柴犬たちについて、より多く、より深く知って頂くことは、柴犬の貴重な存在を現代にひろめ、又、後の世代に伝えてゆくための大切な任務と考えています。 
| 柴犬

ミニの柴犬"豆柴"

ミニの柴犬が登場
 
最近、柴犬も可愛いけど豆柴(小さな柴犬も可愛いよ〜と耳にしました。

しかし、豆柴とは、柴犬本来の性質を保ちながらも、愛玩犬用として通常の柴犬よりも小型の系統のものを選んで交配して改良したもの。

柴犬の大きさがおおむね体高35〜41cm程度であるのに対し、豆柴は29〜34cm程度である。

体重は4〜5kg程度。

性質、性格は柴犬とほぼ同じ。

豆柴と呼ばれる犬の中には、幼犬時の食餌制限により成長を抑制し小さく育てたもの、たまたま小柄に生まれた柴犬を豆柴と称して販売するもの、更に、普通の柴犬の子犬を豆柴として売る人もいるようです。飼っているうちに豆柴とは言えないほど大きくなってしまうケースもあるみたいです。

また純粋な柴犬と思われない外見上その他の特徴が表れるケースも少なくないようです。

そのようなことから、日本犬保存会・天然記念物柴犬保存会・ジャパンケネルクラブその他の登録機関からは2007年現在、豆柴は独立した犬種とは認められていません。

特に日本犬保存会では「豆柴」表記の血統書は発行しておらず、公認することはないというのが現状です。

ただ、ミニの柴犬というだけみたいです。
| 柴犬

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。